フォトアルバム

カウンター

  • ミリオンカウンター
  • アクセスカウンター

珍さん

珍さんChat

Powered by Six Apart

« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月28日 (土)

ナオくんの彼女って、、

世間は今日からGWらしい



ニュースなどでしきりに最高で9連休とか言ってるし

成田空港からの中継で

「どちらまで?」

「ちょっとバリ島まで雑貨を買いに」





へぇ〜、雑貨だったら東急ハンズでよくね?





透析を導入して14回目のGWになる

毎年、病院のベッドでテレビを見ながら



「ディズニーランド、スプラッシュマウンテン240分待ち」


「高速道路○○インターで60Kmの渋滞」



なんてニュースに





ちょっといい気味




などと思ってしまう私は悪いおばさんかしら






U君がまだ子どもの頃は

どこかに遊びに連れていかないといけないような気がして

「ラクテンチ」や「志高湖」によく行ってました


○○戦隊ショーみたいなのをやっていて、
それを喜ぶだろうと思って連れて行ったのに


等身大の○○レンジャーが怖かったらしく

大泣き


動物を見せても、興味なし

食事するところが混んでいて待ち時間が長いと機嫌が悪い





なんか疲れに行っただけ


帰ってきて、ナオくんたちと公園で遊ぶほうが
よっぽど楽しかったみたいだわ





そういえば、

この間、アンちゃんとランチに行ってて、


「ナオ、彼女が出来たのよ」


「なになに、どんな子?」


「なんか茨城出身の同じ大学の子らしいわ」


「へぇ〜、かわいいんかな?」


「ナオに『かわいいの?』と聞いたら、『ぎざかわゆす』とか返事が来たんやけど、意味わからん。」


「私もわからん」





そして夜、U君に電話した時に


「なんかナオくん、彼女が出来たらしいよ。」


「へぇ、いいな。どんな彼女って?」


「茨城出身の子らしいよ。訛ってるんかなぁ?ぷっ」


「あんたひでぇな。で、かわいいって?」


「え〜っと、なんとかかわいいとか言ってたわ。なんだっけ?」



「えっ、キモかわいい?なんかそれってあんまりうらやましくねぇな。」






ナオくんの彼女は訛ってるキモかわいい子って噂が広がったら、ゴメン





で、

なんだかんだと言いながらも、

兄一家が帰省するので、GWはそれなりに忙しい私


空港往復は滅多に長距離乗らない私にとって
かなり楽しいドライブです


お気に入りの音楽かけて、アクセル踏んで

空港道路はガラガラなので、渋滞なんて関係ない

気持ちいいだろうなぁ

ドライブ最高!!







車が凹んでいなければね

@(´・ェ・`)@ ショボーン



2007年4月27日 (金)

いつからそこに?

おかしい



絶対におかしい






おかしいのは




私の目なのか、





それとも頭?






確かに、いや、ホント、絶対に



無かったんだよなぁ、








あのポール






で、

買い物して帰ろうと思って、



ハンドルをちょっと右に切ったら






なんでかわかんないんだけど、









ドアにポールが張り付いてた






いや〜な音を立ててね





何?

何が起こったの??

ドアがもう全然開かないから降りられない







スーパーの出口で電話をしていた学生さんがちょうど正面にいたんだけど





電話の相手に何か私のことを言ってるのがよくわかった





そんな気の毒そうな顔をして

私を見ないで






舞い上がった私は


ハンドルがどっちを向いているのかもわからないし、


どっちにハンドルを切れば



この真横に張り付いているポールから離れられるのかがわからなくなって




さらに泥沼



サイドブレーキをかけていることを忘れてしまって

動かない車に若干パニック




電話をしている学生さんはまだ私を見ている




だから見るなっつーの(プチッ)





気を取り直してポールからやっと離れられたのは

15分後



はぁ〜

もう汗ダラダラ





それから車屋さんに電話して、

車を持って行って、

GWまでに修理できるかどうか聞いたら





無理だって〜




で、

メンテナンスのお兄ちゃんが気の毒そうに


「前のフェンダーは板金は無理な状態なので、取り外して交換しないとダメですね。。ドアのほうはなんとか板金塗装できるようですけど。色が特殊なので、ドアは後ろまで入れて、3枚分塗ることになります。」



「はぁ、、、」



「ゆうき様はお得意様なので、なるべくサービスさせていただきますが、このくらいのお見積もりになります。」





いやっ!見たくない!!




あぁ、吐きそう





もう今日は不貞寝します


オヤスミナサイ








え〜っと、

明日の朝になったら、いつの間にか


私のかわいいシエンタちゃんが


ピカピカのツルツルになってて、




「あぁ、アレは夢だったんだ。な〜んだ、ビックリした。」




ってことは、








ないよねぇ??





はふ〜







2007年4月26日 (木)

あなたと出会った日

今日4月26日は


私にとって非常に思い入れのある日です








そう、




20年前の4月26日





私はある男と出会いました







その男はいきなり私に







「にゃ〜」


と言いました






本当です

「にゃ〜」と聞こえたんです







でも、



顔はサルでした







「にゃ〜」と言ったサル男は、


見知らぬ女の人に連れて行かれました




彼に会いたくて仕方なかった私は


それから毎日彼の元へ通いました






そして、


彼と出会って一ヵ月後、





私は彼と一緒に暮らすことになりました






それからの毎日は本当に楽しかった



彼にどんなに冷たくされても




彼が私より他の女がいいと言っても、






それでも私は彼が好きだった





腹の立つこともあったし、喧嘩もしたけど、




それでも彼のことを一度も嫌いになったことがない








「アナタは私に愛されてるねぇ」



時々そう言って絡む私に

鬱陶しそうに眉をひそめて、

それでも、まんざらでもないような顔をしていましたね



それは私の自惚れかしら








初めて出会った日から20年



今はもう一緒に暮らしていないけど




私はいつもいつでも






アナタの幸せを願っています


会えてよかった









U君、お誕生日おめでとう











で、

今日U君にメールしたのね


「U君の誕生日に綺麗なママをプレゼントすることにしたので、ドモ○ルンリンクル5万円分注文しました。嬉しいやろ?」





しば〜らくしてから返事が来ました





「ポカッ! (._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; ) アホか!!」





い〜え、本気ですけど?






2007年4月24日 (火)

あなたは何回?

昨日、透析の前にT田さんと待ち合わせをして

M医院新装オープンの患者会からの記念品を買いに行ってきました




大分にはトキハというデパートがありまして、

「トキハなら間違いない」という感覚が、おばちゃんたちには根強くあります



はい、私もその一人です

うちの母なんかもう、トキハ以外は店じゃない!!みたいな勢いでトキハ大好きでした





で、

T田さんが近くの贈答用取り扱い店に行ってみようかというのをやんわりお断りして、トキハに行ったのよ

品物は時計と決めていたので、時計売り場であれこれ見てたんだけど、

どうもT田さんと私の趣味が合わない

私はちょっと明るい感じの掛け時計がいいなぁと思ったんだけど、T田さんは落ち着いた渋い感じの無難な時計がいいというので、それを購入



するとT田さん、いきなりトキハのお兄ちゃんに


「これ、定価?もっと、ほら、あれ、安くならんのかい?」





おっと、値切るの?マジで?


「当店では、3年保証をつけておりますので、アフターのほうをしっかりさせていただきますので、お値段はちょっと、、、」




だよね〜


あぁ、びっくりした

T田さ〜ん、トキハはまけないところとあの包装紙に価値があるのよ〜





まぁ、T田さんは車屋さんだったらしいので、
お値段の交渉は当たり前なのかもね


車を定価で買う人なんていないもんね




無事お買い物もすんで、品物はM先生に渡したら
早速透析室前のロビーに掛けてくれたらしい



これでお役目が一つ終わってよかった


ほっ






ところでですね、

昨日のここのアクセス数なんだけど、

多分、というか、間違いなく過去最高だったわ


(@⌒ο⌒@)b ウフッ



でもね、別に面白いことも書いていなければ、今話題のことを書いて検索で来る人が多かったわけでもないし、

かといって、コメントがいつもよりも多かったということもなく、かなり不思議


最近は1000を越える日が多くて、本当に来てくれてありがとう



昨日は1600を越えていますが、実際は何人の人が来てくれているんだろうな〜?


一人の人が500回くらい来てくれてたりして

( ̄▼ ̄;




というわけで、今日はココを覗いてくれた人にお願い

コメントをしてくれる人も、ROM専門の人も、たまたま来た人も、どれか1つ押して行って欲しいなぁ


よろしくお願いします








2007年4月22日 (日)

今度は声に出します

今日はパピーのご機嫌伺いに実家に帰ってました


うちの父は今80歳なんだけど、
年の割には元気です



特にね、

私が入院すると、やたらと元気になるの

「ワシが頑張らんと!」って思うのかなぁ?

生き生きとして御見舞に毎日来ます



というわけで、定期的に入院するようにしています(違




母が亡くなって、9年
一人で炊事洗濯、買い物からご近所つきあいまで

案外何でも器用にこなします



ただね〜、



片づけが全くダメなのよ




洗濯は毎日するんだけど、それを取り込んで
そのまま置いている


新聞を読んで、コレは!と思う記事を切り抜くんだけど、
それをそのままテーブルの上に置いている


なぜかNTTの領収書とか、ジャスコのカードの明細書とかを捨てない


市報をいつまでも取っている


小説や漫画が好きで、いつも手の届くところに山積み


演歌?のCDとカセットがすぐ手の届くところに山積み


薬がどっさり




とまぁ、こんな調子なのね






私は慣れてるからいいよ


でもね〜、GWに兄一家が帰ってくるんだわ






一年に一度しか帰省しない兄一家

まぁ、兄はいいよ、別に

でも、お義姉さんは嫌だろうなぁ、こんな部屋




汚い物はないんだけど、とにかく散らかしているので、5月2日までに何とか片付けないと



そういって、パピーを急かすと、

「あぁもうせわしい、帰ってこんでいい!」と怒り出すのでその辺の持っていき方が微妙に難しい




でも、

80歳になっても、私やU君のことを気にかけてくれて、
一人で元気に暮らしていてくれて、ありがたいなぁと思うようになったわ


パパ、これからもずっと元気でいてね〜


とここで密かに言ってみる







でね、

私はここ毎日のようにM医院の温泉に入っているわけですが、


温泉に入りに来ているのは、98%はおばちゃんです(女湯だからね)


で、

98%のおばちゃんの100%が太ってます


もう、それは見事に100%





なんつーかね、


おっぱいなんか、



ほら、田んぼにスズメとかカラスよけの目玉のお化けみたいなやつがあるじゃない?



あんな感じ






でね、

これはM先生が見てるから書くのをやめようかなぁと
思ったんだけど、

あえて、書きます



ミストサウナの中でのおばちゃんたちの会話
+私の心の声



おばA 「今度からお風呂の受付が病院の中になるんやろ?」

おばB 「そうで。足が悪い人とか遠くなってから、大変やなあ。」

私(まぁ、駐車場から直接は来れないからねぇ。でも大してかわらんことない?)



おばA 「しかも、時間が今度から10時〜夜の8時やろ?」

おばB 「そうっちゃ。サラリーマンは来るなっちゅうことやろ。」

私(そんなことないよ〜。M先生もいろいろ考えているのよ〜。お風呂の夜の利用者、少ないやん。)


おばA 「若い先生はな、透析だけやればいいと思ってるんやろ。お風呂で儲けようっていう気はないんや。」

おばB 「そうかい。透析はそんなに儲かるんかい。」

私(ドキッ)


おばA 「儲かるんやろ。今度の新しいところは透析ばっかりやないの?ベッドも50用意してるっていうし。」

おばB 「50?そんなに透析する人がおるんやろうか?」

私(50じゃなくて、最初は30みたいですよ〜)


おばA 「おるんやろ?外にいっぱいポリ容器が並んでいるのは、あれは全部透析のやわ。だけん儲かるんやろうなぁ」

おばB 「そげえおるんやったら、もうお風呂なんかどうでもいいんやわなぁ。へぇ〜、そんなに透析してる人がいるんね。やれやれ。」

私(なんかスミマセン)






おばちゃんたちにシャントを見られないように
そっと左手を後ろに回した私がいました





この会話を私でなくて、一般のおばちゃんが聞いていたら、
きっと、そうそう、そうなのよというふうになったんだろうなぁ


何にもわかってなくて、ヤダヤダ



いつもM先生が「地域の人のために」と言っているのは本当のことで、地域密着型のクリニックであることは間違いないと思うんだけど、

温泉の受付が30メートルくらい遠くなったくらいで、
あそこまで言うんかな?


なんか結局透析のことを悪く言いたいのかなぁ?なんて思ってしまったわ


なんとなくね、「透析やろ?」みたいな発言に見下したような雰囲気を感じてしまったのよ



う〜ん、なかなか世間の壁は厚いぞ





しかし、

私、思い切って会話に割って入るべきだったかなぁ。。





根性がなくてゴメンナサイ、M先生





それにしても

なんかおばちゃんたちの会話は怖ろしい

ホントのことも間違ったことも、全部普通にみんなに伝わって行くのよね



それがネットの文字よりも変な説得力があるもんだから



これまた始末に悪い




2007年4月19日 (木)

お口チャック

昨日はいろいろ考えました


誰が見ているかわからないんだから、
あまりぶっちゃけ話って書かないほうがいいのかな




ギリギリ書いていいことと、書いてはいけないことの
区別はしているつもりでも、

やっぱり誰が見ているかわからないんだから
自重すべきなのかなぁ





そう思うとさ、

なんかコレって書いていいの?
コレはマズイの?と

アレコレ考えちゃって、指が動かないのよ




もういっそ、


「桜が咲きましたo(*^▽^*)o~♪」


「桜が散りました(*ノ-;*)エーン」





なんて書いても、クソ面白くもない





ちょっと前にプチ話題になった

「mi○i読み逃げ」って知ってる?

ほら、見串医って足跡残るじゃない?
で、訪問しているのに、コメント残さないのは失礼だって話が出たらしいのよね



私はあの「足跡」が嫌で、見串医は全然見ていません
マイミクさんに登録してくれたお友達、ゴメンナサイ

で、自分でどうして足跡が嫌なのか考えてみたのよね



つまり、

足跡残るってことは、見たことがわかってるのに、「コメントしないのは申し訳ない」という気持ちが私にあるから?

じゃあ、私は読み逃げ禁止派なのかなぁ?
そんな気持ちは全然ないんだけどなぁ




でね、

最近のお気に入りがコレ



(上手く飛べなかったらゴメンナサイ)

日本が銃社会じゃなくてよかった





と、

ここまで書いて、

先日のバージニア工科大学での乱射事件を思い出して

こういうことは書かないほうがいいのではないかと


また思ってしまう






私、




何を書いたらいいんだっけ?







ただいま行き詰まり中でございます






あっ、でもね、

今日はお昼に前の病院で一緒に透析していたおばちゃんたちが、退院祝い(おそっ)してくれるんだ



河豚よ、河豚∋(∵`3´∵)∈。o0○ ←ふぐ



食べ物の写真なら大丈夫やろ〜


ほっ





ちなみに私、読み逃げ禁止とは絶対に言いませんが

コメントがあると足元にじゃれつきたくなるくらい




嬉しいです



ごろにゃ〜ん








2007年4月14日 (土)

成せばなった?

M医院に転院して48日



苦節48日にして






とうとう






眼圧が







透析前、透析中、透析後とも








10台だった






超嬉しいんだけどー



ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ





転院当初は透析後の眼圧が40まで上がることもあって


M先生始め、スタッフの皆さんもいろいろ心配してくれて、


透析の条件をいろいろ変えてみたりしてくれましたが、

今日、初めて正常値内に収まったの





まぁね、

今日は土曜日で週4回目、
昨日もしているので、毒素が貯まってないという
好条件ではあったのよね


だから
明後日の月曜日にもう一度、この数値で行けたらいいなぁと思ってます





もし透析していて緑内障に悩んでいる人がいたら

眼圧下げる、いや、上げないコツを教えましょう

Listen〜♪



と、思ったんだけど、
透析条件をはっきり思い出せない

ゴメン、詳しいことが知りたい人はM先生に聞いて




私の条件はね、

限りなくHFに近いオンラインHDFで、

週4回やって、中二日開きをなくして、

透析開始2時間半後、眼圧を下げる点眼薬を差す




これだけです

リンリンリンリンリンリンリン♪





これでもう眼圧が上がらなかったら

手術はしなくていいかもしれない




と淡い期待を抱いています




あんまり期待しすぎて、

月曜日にまた上がってたらショックなので
控えめに期待しておこう





しかし、

なんで私もM先生も透析中に点眼するってことに
気がつかなかったんだろう


ちょっと遅くね?



O大学の眼科のドクターたちも、Q大の教授も
誰もそんなこと提案してくれなかったもんなぁ






この条件、多分技術的にはそんなに難しいことではないと思うのね


一番ハードルが高いのはやっぱり週4回だろうなぁ




時間延長にすら文句を言うところがあるみたいなのに、

週4回を快く引き受けてくれる施設ってどのくらいあるのかしら?


まぁ、M栗とGSさんとこは知ってるけど





そう思うと、これまでも何度も書いたし、
これからも何度も書くかもしれないけど、



やっぱり思い切って転院してよかった

何もしないでグズグズ文句言ってるだけでは
始まらないのね






でも、

行動を起こしたくても、どうにもならない状況の人がいることももちろんわかってるのよ


私は幸いなことに、今まで意地悪なスタッフとかには出会ったことはないけど、



いや、まてよ、


一人いたなぁ



導入した総合病院で、ベテランスタッフの移動のことで
院長に移動させないで欲しいという患者からの訴えを持って行ったら(でも院長には会えなくて事務次長でストップ)、

透析室の技士さんから家に電話がかかってきて、

「うちのやり方に不満があるならね、どうぞ他のところへ行ってくださいってことになりますよ?」


と言われたわ



このスタッフと移動の対象になってた看護師さん、仲が悪かったのよね


あ〜、なんか思い出したら腹が立ってきた

JAROに言いつけてやる〜


( ̄Θ ̄;) ムゥー






と、ここまで書いて

兄ちゃんから電話がかかって1時間半もしゃべってたので、続きに何を書こうと思ってたのか忘れてしまったわ




というわけで

明日は県腎協の会計監査に行ってきます



今週はハードで、引きこもる暇もなかったなぁ



でも、今日はrokoさんから新井薬師のお守りを
送ってもらって、気分は↑↑↑です


(* ̄∇ ̄*)





2007年4月11日 (水)

ラッキーな通帳なんてありません

U君は金遣いが荒い


というか、何も考えないで使ってしまう


先月、引越し費用としてお金を入れていたのに
もうそのことはすっかり忘れて、


「あれ?お金があるから使っていいんだよね?」



という調子で使っている



ガミガミ何度も怒っても、

「入ってたから使っていいのかと思うやん。」

(# ̄З ̄) ブツブツ





3月まで借りていたアパートは、本人が家賃を振り込んでいたので、お金をなんとかひねり出して払い込んでたのね


でも、
今度借りたアパートは、銀行引き落とし

残高がないと引き落とせません

大家さんからうるさく言われるのも鬱陶しいので、

通帳の裏の定期預金にお金を入れておくことにしたのね



もちろん私のお金ではなくて、

U君のお年玉を定期預金にしていたやつを1本解約して、福銀の通帳に入れることにしたのよ




で、

定期預金をしている大分銀行に行きました


でも、当然私の名義ではありません

でもでも、印鑑は私のだし、届け出ている住所も私が今住んでいるところです



とりあえず確認しようと思って、
カウンターの外でうろうろしていた銀行員さんに話しかけた


「あの〜、これ、息子の通帳なんですけど、定期を一つ解約したんですけど、できますか?」



「少々お待ちください。」


・・・



「あのですね、保険証などご本人様とアナタ様の関係がわかるものをお持ちでしょうか?」


「保険証は息子が持って行ったので、ないです。」


「そうですか、それでは住民票を取っていただくことになっておりますが。」





はぁ〜?

(; ̄ロ ̄)ナン!( ; ロ ̄) ̄デス!!( ; ロ) ̄  ̄トー!!!




「いやです。」


当たり前じゃん、住民票をわざわざ取りに行って、しかも住民票ってタダじゃないのよ、300円もするのよ

一体いくら定期にして1年預ければ300円になる?
オタク、10万円を1年間定期にして200円でしょうがー



 (○`ε´○)プンプン!! 



「そうですねぇ、お金がかかりますもんねぇ。では、こちらからご本人様にお電話をかけて、確認が取れましたら、解約ということで。」


「今電話するんですか?本人が電話に出れるかどうかわかりませんけど。」


「そうなるとやはり住民票を取っていただかないと。」


「いや、それは嫌です。時間もお金もかかりますから。私は今解約したいんです。」



としばらく押し問答をしたけど、
U君に電話したら、今電話に出られるというので
銀行員さんにその旨伝えたのね




で、

番号を呼ばれたので、窓口に行って、
本人ではないけど、今電話をしてくれれば
本人が電話に出て確認が取れるのでお願いしますといったら、


「通帳を作った時に登録された電話番号以外では確認作業は出来ません」

ときた




はぁ?

そんなん、自宅の電話番号を登録してるに決まってるんだから、

自宅の電話に出られるのなら、ココに来てるよ



「今大学生で福岡にいるので、携帯ですけど。」


「では、住民票をお持ちになって、、、」




むっ・・・ ( ̄∩ ̄#



お金を預ける時は、ホイホイ預かるくせに
なんで解約しようとした時はこんなに煩わしいの?

私の(ホントはU君の)お金だから、好きにさせてよ〜




と、そこへうちに出入りしている営業の女の子が


「あら、ゆうきさん、どうして私の名前を出さなかったんですか?言ってくれればすぐ解約手続きしましたのに。」





そうなん?

そんなこと、知らんかったもん




「では、うちの営業がお伺いしているお客様ということで、身元確認が取れましたので、解約手続きいたします。少々お待ちください。」




いや、私は免許証も出したし、とっくに身元確認は出来てるんじゃないの?

なんかおかしくない?





イマイチ納得出来ないまま、銀行を後にしたのでした


もう、銀行さん、身元確認、うるさすぎ






ところで、

総合口座の裏に入れた定期って、ヒミツに出来ないのね


日曜日に会った時にU君が

「オレの通帳、なんか知らんけど、いっぱいお金が使えるようになったんで。普通の残高のほかにご利用限度額とかいう枠だできたに。超ラッキーでな。」

d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ







別にラッキーではなく、

定期に入れたんだけど、わかってない?




ゞ( ̄∇ ̄;)




2007年4月10日 (火)

カードが1枚消えました

ご報告



え〜っと、行ってよかたです

Q大




きっちりと自分で決めることが出来ました





ココはナイな





とね






いや、別にドクターが特別悪いってことはなかったのよ
もちろん


最初に診てくれたドクターは、ウッチャンナンチャンのウッチャンの目をパッチリさせたようなイケメンさんだったし、丁寧にいろいろと調べてくれました



でね、

「教授宛の紹介状ですので、是非、教授に診て判断してもらいましょう」



ということで、教授を待ってたんだけど




う〜ん、、、


教授が怖い



最初に診てくれたドクターが教授の傍でアレコレ説明していて、ふんふんと頷きながら、



「O大学の先生が言ってることもわかるし、あなたの気持ちもわかります。後は時期の問題でしょうねぇ。」


「はい、、、」


「それで?他には?」





ん?


「え〜っと、術後に眼圧が0というのが続いて何も見えなかったんですけど、こういうことはよくあることですか?」


「よくありますね。あなたの目がね、もう状態が悪いから、それは仕方ないんですよ。」


「はぁ、、(ガックリ)」


「で?」



ん?



「じゃあ、手術するとしたら、術式はやっぱり前回と同じでしょうか?」



「そうですね、うちでもそのやり方を選びます。」



「そうですか、、、」


「じゃあ、そういうことで、はい。」





またウッチャン似のドクターに違う部屋に連れて行かれて、


「今回、お一人で来院ということでしたので、説明は以上ですが、何かまだお聞きになりたいことがありましたら、どうぞ遠慮なく聞いてください。」



「いえ、別にないです。」


「そうですか?またもし診てもらいたいことがあったら、お電話で予約をしていただければよいかと思います。どうぞお気をつけてお帰りください。」






なんかさぁ、こんなもん?


しかも、ウッチャンは緑内障の担当医ではないのよねぇ
せっかくC先生が「緑内障担当医様」あてに紹介状を書いてくれてたのになぁ


印刷して持って行ってた担当医一覧を見たら、全然違う病気の専門医だったのよ


なんで?





受けた印象としては、

別にQ大に来てまで手術することはないかな

ってとこ?



O大学の手術のやり方が間違ってたわけではなく
C先生が失敗したと言ったのは、時期が遅かったことが
失敗だったと言ったわけなので、


もうO大学でもいいかなぁ



と帰りのバスの中で考えていました





それにいくら教授が立派な人でも

説明するドクターはぴりぴりしてるし、
患者への説明はあまり詳しくしてくれなくて(時間の無駄?)、こっちも遠慮するようでは、
思ったことも言えないし

やっぱり慣れたところのほうがいいのかしら?




( ̄~ ̄;)ウーン・・・





日曜日、4時過ぎにU君のアパートに着いたのね


案外綺麗をキープしてて、感心感心

4月の2〜5日まで青春18切符で大阪まで友達と遊びに行ってたらしい


大阪、本人はえらく気に入った様子で、
食べ物は手ごろな値段で美味しい物が多くて、

何よりも美人が多かったと



男の子5人で旅行に行ってたので、

「綺麗な子がいたんなら、ナンパとかしたん?」


「そんな大阪弁で絡まれたら怖いけん、みんな見てるだけやったわ。」




相変わらずヘタレなU君

九州の田舎者には、大阪のオネエチャンはまぶしかったのかしら?




それでも、

「はい、コレ、お土産」



とUSJで買ったスヌーピーの大きな缶に入ったクッキーをくれたの




内心(えっ、荷物になるやん)と思いつつ、

「ありがとう。缶がかわいいね。」



「じゃあ、広島で買ったもみじまんじゅうキティちゃんもいる?一応オレ用に買ったんやけど。」




い、いりません、、、





2007年4月 7日 (土)

大人の事情も時にはあります

さっき、情報提供書を受け取りに医大まで行ってきた


C先生は約束の時間に準備して待っていてくれて、


「まあね、Q大に行ってみるのも悪くないです。」

と先日と同じ言葉




そこで、思い切って

「先生、実は友達の従兄弟が福岡で開業していて、その人が、眼科だったら、Q大よりもF大じゃない?って言うので、ついでにF大も受診しようかと思うんですけど、、、」



「F大、、、う〜ん、どうかなぁ?」



「先生、ぶっちゃけ、九州で緑内障の手術を受けようと思ったら、先生だったらどこに行きますか?」



「僕だったらね、今、九州で�1は熊大の教授でしょう。そこかなぁ?」






く、熊大〜〜〜?



また違うとこの病院の名前が出てきた


どうする?

どうするよ、私?



オダギリジョーのライフカードのCMじゃないけど、



Q大、F大、熊大(なぜかこれだけそのまま)、O大の4枚のカードがあって、それのどれを引くかによって未来が変る?


このCMだったら、続きはWEBで! で見られるんだけど、

私の場合は見られない




どこかに水晶玉でも転がってないかしら?






「え〜っ、じゃあ、先生、正直こっちとこっちの病院はどうですか?」





「正直、PPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPPP 」




( ̄○ ̄;)ゲ( ̄∇ ̄; )ゲ( ̄□ ̄;)ゲ!




C先生がお話してくれたことは、

残念ながら大人の事情で、ココには書けません


誰にも言わないでねって言われたから、

言わないけど、blogに書いちゃった、えへ




ってわけにはいかないのよ

いつも気にかけてくれてるお友達の皆様、ゴメンナサイ





で、

私的には、1枚のカードが消えて、

そして、更に1枚のカードが追加されたという状況になりました




多分、最後に追加されたカードを引くと思う

大学病院ではありません

田舎の開業医です







というわけで、

なんだかQ大かF大にさえ行けば、絶対にすっかりよくなると思って膨らんでいた私の気持ちはしょぼんと凹んでしまったのね



でも、

明日はU君に会って、大阪に行ってた話をたくさんしてくれると言ってたので、それを楽しみに福岡まで行ってこようと思ってます

もちろんQ大も受診します
よければ、また状況は変るかもしれないけど、
微妙





U君が紅茶煮豚が好きだし、なんだか気が晴れないので、スーパーに寄って、パーッと買い物をしてきた


いつもはカナダ産の豚でいいやとお安いのを買うんだけど、今日は奮発して、黒豚買ったわ

それに、普段はメロンとか買わないけど、好きだし、カリウムもちょっと低めなので、お高いメロンを思い切って買っちゃったわよ

半分だけど






これで半分くらい気が晴れるなんて


私ってなんて小市民