フォトアルバム

カウンター

  • ミリオンカウンター
  • アクセスカウンター

珍さん

珍さんChat

Powered by Six Apart

« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月24日 (火)

本名はローラ

本名はローラ
野口も最後の夜となりました


結局、同室の仲良くなった若い人たちよりも、早い退院になっちゃって、

なんか申し訳ない感じ


早く帰りたいのはママも同じだけど、


小さい子供が待ってる人は焦っちゃうよね


今夜のママは、また背中と肩が痛くなって、そのうち微熱が


こうなると寝られないのがわかっているので、ロキソニン登場(臨時透析先で貰った)


日曜日に具合が悪くなった時、ロキソニンを出して欲しいと頼んだら、野口にはロキソニンは置いてないって(マジで?)

ロキソニンってメジャーな痛み止めだと思っていたけど、そうでもないんだ


やっぱり普段飲み慣れている薬は常備してないと困るよね


手術の後にね、

リカバリー室の隣の女の子は痛み止めの点滴してもらってるのに、ママは無し


「私にも痛み止めしてください」ってお願いしたら、


「ゆうきさんはさっき座薬入れたから、もうすぐ効きますので、大丈夫ですよ〜」

ほえ?


いつの間に座薬を入れられたんだろう?


おパンツを下ろされた記憶も一切ございませんが?

こりゃ〜、全身麻酔ってやりたい放題なのね

っていうか、


なんで同室の18の子が点滴で、47の私は座薬?

聞いたら、他の人もみんな点滴なのに(-.-;)

で、

傷なんだけど、抜糸したらこんな感じ

もうクリームを塗るだけでいいんだけど、看護師さんがやってきてね、


「傷が身体の重みで下に引っ張られると、うまくくっつかずにコブになるので、おっぱいをしっかりブラジャーで固定して、付加をかけないようにしてくださいね」


ふ〜ん、そうなんだ


ママは泣く子も黙るFカップだから、大変だよ


それにしても、

ずいぶんと傷だらけになっちゃったね


ちょっとかわいそう、、、かな


それでは、ボクはこれでさよならです


お返事はママが書きます


バイバイ

2009年2月23日 (月)

これがTIFFANYだったらね

これがTIFFANYだったらね
傷あとって、こんなになってるんだ

ふ〜ん、糸で縫ったりしないんだ

金具の上の赤いところはね、


電気メスが中から当たって

火傷しちゃったんだって

縫ったあとより、こっちの火傷のほうが痛いんだって


昨日から体調悪くて、今日の透析は本当にしんどかったらしい

頭痛も酷いし、血圧が終了時に190まで上がって、

初めてアダラートを飲んだら、今度は一気に下がって、

ふわふわしながら帰って来たよ

大丈夫かいな


で、

今日、先生からの説明があってね、


やっぱり悪性だったんだって

リンバには飛んでなかったけど、

切り取った甲状腺の中に2ヶ所転移があったらしい


たまたま検診で早く見つかってよかったよ


ってことだよね?


で、

おかげさまで退院は水曜日に決まりました


みなさんにはたくさん気にかけて貰って、本当にありがとうございました

それから、今日初めて「ゆうきさん」宛てのメールが届きました


メールをくれた人のHNがまた怪しくて、

ちょっと恥ずかしいような、嬉しいような?

2009年2月21日 (土)

はい、反省してます

はい、反省してます
もぅ〜っ

ママ、だめじゃん


今、5人部屋に入っているんだけど、


今日はお見舞いのお客さんが3組午後から連続で来て


しかも、最後が叔母と従姉妹の4人と、静かに話していてもどうしてもなんかうるさい


部屋はちょっと凹んだコーナーに椅子とテーブルがあるので、そこで喋っていたんだけど、


やっぱ他の人に迷惑だよね


同室の人たちは、全員県外からで、誰もお見舞いに来なくて、静かに寝てるんだもん


ママばっかり毎日入れ代わり立ち代わりで、本当にすみません


でも、

かぼかぼさんとあんちゃんが持って来てくれたお菓子を、うるさくしてすみませんとみんなに配ったら、


そんなの全然いいのよ〜(^o^)

って、言ってくれた


内心ヤバイなと思ってたママもご飯が喉を通ったみたい

同室の人たちが優しくてよかったね

でも、明日からはお客さんが来たら、下のロビーに行くようにしてよ

ボクだって恥ずかしいんだからね


P.S.

mamajoさん、早く元気になってね

って、私が言うのもなんだけど

2009年2月20日 (金)

後1回の辛抱だ

後1回の辛抱だ
今日のママはいつにもまして血圧が高いんだって


それは臨時透析先ですーっとカリカリしてるからみたい

今日なんてさ、15分前に「終わりますね〜」って言われて、もう何も言う気がなくなったらしいよ


でも内心かなりイラついたので、終了時の血圧が180


わぉ

でね、面白かったのが

「今日、除水どのくらいにしますか?」

って聞かれたので、


「じゃあ全部(返血の生食込み)で600お願いします」(食べてないから増えてないし、お昼もここでは食べない)


「はーい、じゃあ時間200でいいですね〜」

ん〜〜〜〜〜、


割り算が難しかったかな?

ボクでも出来る割り算なのにね

不思議に思って聞いてみた

「あの、こちらは返血の際に生食はどのくらい使います?」

ママの感覚では100かなと思っていたら、


「えっ、生食?う〜んと、それは決まってないですね。」

なんかもうよくわからん


だから血圧がずーっと高いんだって

コレ、今日の夕食

野口はね、毎日朝ごはんはパンかご飯、夕ご飯はお肉か魚のどちらかが選べるんだよ


今日はギョロッケと豚肉の薬味焼きで、ママは迷ったみたいだけど豚肉にしたみたい


ギョロッケにも心引かれるよね

ポテトサラダ、すごく美味しかったけど、

みかんが入ってなくて残念みたいだった

2009年2月19日 (木)

結構癒し系

結構癒し系
U君が手術の後、具合の悪いママの背中を摩ったり、首を揉んだりしてくれたんだって


おじいちゃんは、オエオエ言ってるママに近寄れなかったみたい

恐ろしかった〜って今日言ってたし

U君も少し大人になったね


で、
術後の説明を聞いたU君がこう言ったの


「先生が腫瘍を取って検査したけど、良性か悪性かわからないって」

なんですとー?


もし良性なら取らなくてもよかったりするわけ?

私が昨日一晩苦しんだのは犬死に?

と、ママががっくりしています

でもU君が、

「良性と思ってたら悪性だったってよりいいやん」

って慰めてたけど、ママはまだ納得出来ないみたい

病理の結果は火曜日に出るらしいよ

何キャラ?

何キャラ?
ママが帰ってくるまで、ベッドで一人でお留守番してました


変な浴衣みたいなパジャマで戻ってきたママは、首にスカーフのようなのを巻いているけど、あまりオシャレじゃありません

昨日の夜は、傷と背中と腰が痛くてあまり眠れなかったんだって


全然時間が経たなくて、しんどかったみたい

自分のベッドに戻ってゴロンとしてます

以上、うさぴょんの報告でした


詳しいことは、またママから聞いてね

2009年2月16日 (月)

逆でしょ

どこかの元総理じゃないけれど、

腹が立つのを通り越しちゃって、笑うしかないです

私が今お世話になっている臨時透析先

どれが一番ひどいかと聞かれたら、心底悩むくらい


何もかもひどい


でもさ〜、

私、お客さんじゃない?

あんまりぎゃーぎゃー言うのもよそ者だしなぁという遠慮があるのよ


だから、ぎぇっと思っても黙っちゃう

私というか、M医院の常識ではありえないようなことばかりで、

でも、もしかしてこれが平均的な透析施設だとしたら、

怖いね〜


時間は当然4時間
でももちろん4時間きっちりなんてしませんよ〜♪


血流は300だけど、全然取れてなくてピローはぺったんこ
でも気にしない〜♪

それよりも何よりも

清潔操作ってなぁに?

だから〜

ごみ箱触った手袋でそのまま止血すんなっつーのっ


その手袋は何のためにしているの?

もしかしてアナタの手が汚れないためかしらん?

最低でも後3回は通わないといけない

私、我慢出来るんかな?

えっ?

それよりも癌のほうはどうかって?

あまりに透析が嫌で忘れていました


まだオペの担当医に会っていなくて、ほとんど説明受けていないのでわからない


なんで1週間も前から入院しちゃったんだろうね?


野口病院自体は食事も美味しいし、ナースは親切で優しいし、温泉はあるしで文句はないんだけどね

あ、
お見舞いメールを下さったお友達、どうもありがとう

なんだかとっても癒されました

消灯は9時半

それから後はワンセグでテレビを見てます


ワンセグ買ってよかったと初めて思いました

こんな調子で残りの透析、頑張ります


ついでに18日のオペもね^^;

2009年2月11日 (水)

NGワードはその2つ

先日ある病院に診察と検査に行った時のこと


ブースみたいなとこで看護師さんが問診をしててね、
私もはきはきと答えて、持ってきていた薬とかを見せてたのよ


看護師さんも私の話をふんふんと聞きながら
問診票に書き込んでいたんだけど、
ふと顔を上げて、私の顔をパッと見た時に

一瞬固まった



「あ、暑いですか?暑いですよね。でも、、、大丈夫ですか?」

「ん?大丈夫ですけど?」


「で、でも汗がすごいわ。どうぞこれで拭いてください。遠慮しなくていいですから」



???汗?

汗なんか一滴もかいてないし、

っていうか、逆に寒いですけど??



「どうぞ、これ、使ってください」


と、シュッシュッとティッシュを山ほど取り出してくれる


「顔に汗が噴出してますけど、具合が悪いですか?」






あ~、コレ?コレなのね?

mamajo さんが名づけてくれた「親孝行ファンデーション」

少しだけ顔色がよく見えるように、他のと混ぜてつけてきちゃった



親孝行ファンデーションが光って汗に見えるんだ、、、

もう今更これ、ファンデーションですって言い出せない私



「あ、どうもすみません」とティッシュを受け取り


ゴシゴシゴシゴシ、ゴシゴシゴシゴシと
これでもかってくらいに顔をこする




でもね~、

落ちないのよ、キラキラが(-_-;)



看護師さんにしてみれば、いくら拭いても汗が噴出してて
この人、やばいんじゃないかって思ったんじゃないかなぁ

そそくさと問診を終わらせてどっか行っちゃった



完全につけていく場所を間違ったわね



っていうか、完全に買ってくるものを間違ってるよなぁ






でね、

ここからが本題なんだけど(前置き長すぎ)、


私、悪性甲状腺腫、


早い話が、甲状腺癌なの(結論早すぎ)




みんなに目のほうの心配をいっぱいしてもらってたけど、

blogをお休みしている間にこんなことになっちゃいました




あ、引いた?

引いちゃった?

引かせてしまったのなら、ゴメンネ





というわけで、

木曜日から入院して、手術をしてきま~す




この報告をしようかするのはやめようか、しばらく悩んだんだけど、

励まされるのが苦手な私でも、やっぱり励ましてもらうと嬉しいのかなぁと思って、甘えることにしました



他人を励ますのは難しいってことはよ~く知っています

励ますつもりが全然励ましていないってこともあるしね



私はどうしても言われたくない言葉が2つあるの

この地雷を踏まないで励ましてもらえるかしらん




で、
担当のドクターからも99%命には別状ないって言われているし、

癌になるのも初めてじゃないし、


結構淡々と受け止めているつもり

もうなったもんはしょうがないし、なるようにしかならないしね


もし転移とかがあったとしたら、またそれはそれで受け止めて
それから私が出来ることをしていくまでよ

そんなもんでしょ?

ぎゃーぎゃー騒ぐつもりもないし、全然落ち込んでもいないわ


癌の手術よりも、臨時透析で行く病院が大丈夫なんやろなぁ?と

そっちが気になる




ちなみに私が手術を受ける野口病院、お見舞いメールを受け付けているんだって


携帯アドレス知らないけど、お見舞いメールを書いてみようかなと思ってくださる奇特な方がいらっしゃいましたら、お待ちしております

あて先は「ゆうき様」で(笑)




ってことで

3日間の臨時営業はこれでおしまいです


入院中、携帯からの臨時営業がある、、、かも???

2009年2月10日 (火)

k16歳になりました

昨日の13回忌の法事の主?の叔父には

小さい時からすごくかわいがってもらってました



甥や姪が10人いる中で、私だけえこひいきされてたと思う


まだ叔父が独身の時にね、夏休みで大阪から帰省していて、私を連れて妹(私には叔母)のところへ遊びに行ったのよ
私が4歳くらいの頃だったと思う


夕方からお見合いした人とデートの約束をしていたので
タクシーで叔母の家から私の家まで私を連れて帰ろうとしたところ、


私が「酔うからタクシーに乗らない!」と言い張ったらしく、


じゃあ、歩いて帰ろう(約2km)と言ったら、


また私が「暑いから歩けない!」とごねたらしく



タクシー乗らない、歩かない、じゃあどうするんか?と聞く叔父に




「おんぶして帰って」




結局炎天下の中、当時は今と違ってむっちりしていた私をおんぶして帰り、

熱中症になってデートに行けなかったことを、その後何十年も言われ続けたわ

おまえ、我侭もたいがいにしろよと




私の結婚式の時、披露宴じゃなくて式のほうね、私ったら祝詞の途中で気持ち悪くなって、途中退席して控え室で吐いちゃったのよね

そしたら叔父が心配して、披露宴でもなぜか叔父がぐったりで、あんな疲れた結婚式には出たことがないと、これまたず~っと言われた

おまえ、いい加減に心配かけるのはやめてくれと



叔父が癌になって、もういよいよダメだって時に大阪までお見舞いに行ったら、もうしゃべることも出来なかったのに

大きな目で私を見て、

「おまえ体に気をつけろよ」って(私にはそう聞こえた)




そうやってずっとかわいがってきてくれた叔父が

今は箕面の山の上で、一人でお墓に入っている

もう会いに来ることが出来ないかもしれないって思ったら、



お墓の前で泣いちゃった



叔父が亡くなった時は涙が出なかったのになぁ




建ちゃん、私、今日でまるっと透析15年過ぎたよ
明日から16年目
それなりに頑張ってるんよ、エライでしょ?



生きてたら、間違いなく


「そうか、おまえよくやってるな。ほれ、小遣いやるわ」


とごっそりくれたのになぁ



ホント、残念





追加

去年から作っているトールの続きです


Img_1090   う~ん、なかなか進まないなぁ

  
   もうちょっと花を描き足して終わり


   後1回で出来上がる予定かな

2009年2月 8日 (日)

気にしない気にしない

ご無沙汰しています

突然ですが、今夜から限定3日間

記事を更新することにしました



まぁ、何か面白いことがあったというわけではないんだけど、
ほんの少しだけお付き合いくださいませ



最近の私は何をやっているかといいますと、


今日は大阪日帰りしてきました


一番かわいがってくれた叔父の13回忌です




いや~、大阪、寒かったわ


こちらが結構暖かい日が続いているので
薄手のコート着て行って失敗しました

しかも久しぶりのスカートだったし




でね、

従妹の義父が1年前から透析しているんだけど

そこのドクターが面白いのよってお義母さんが言うんだって



どう面白いのか聞いたら、先生の方針として

「障害者手帳の上のランクが取れるように、数値が悪くなるだけ悪くしましょう」



え?



「う~ん、なかなか数値が思ったように悪くならないけど、他の数値が悪くなりすぎたので、ここらへんで普通にしましょうか」



で、週3の4時間になったらしい



どんな先生?


それを面白いというお義母さんもびみょ~に怖い


手帳は結局1級がもらえたらしいので
なんか感謝しているとか?



わからん、、、



で、肝心のお義父さんは隠れてあれこれ食べて
お義母さんに怒られて、逆切れする毎日だとか



「ゆうき姉ちゃん、透析ってホント大変よね。ストレスだらけでしょ?」

と従妹に言われたけど


「全然」と答えておいた



ホントに「全然」だし






というわけで、

元気に毎日過ごしています




今朝は久しぶりにつけようとしたピアスが入らなくて
時間がないのに焦りました


もうず~~っとピアスをつけてなくてね、
無理矢理ぐいぐいはめようとして押し込んだら


血が滲んだわ

痛いじゃないのよ



・・・






そっかぁ、、、



「○を2年しないとvirginに戻る」っていう都市伝説を


理解した瞬間でした







あれ、

いつからここはアダルトサイトになったんだっけ?




って、いいのかな?

初回の終わり方がこんなんで